Lingua franca

駆け出しペーペー新人声優・望月 英の日々彼是。
Twitter:ei_mochiduki

※本ブログは望月 英個人のものです(´ω`)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< この二週間で | main | あさめし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
さてさて
 先日書きましたバタバタしてた事、
落ち着きましたので書こうかな、と。

ちょっと明るい内容ではないので〜
畳みます!!
実は先日、友人が会えない所に逝ってしまいました。
27歳という若さで。


ひょんな事をきっかけに偶然出会った人。
人懐っこい性格で、初対面の時からアホな話をして笑いました。

その人が笑ってるだけで、
その場の空気がやわらかくなる位のいい笑顔する人でした。

一度だけ話した真面目な話で、
思慮深く、そしていつも場の空気を考える優しい人なんだな、
って気づきました。




そんな彼は、自らの手で逝ってしまいました。


それが友達という位置づけにいる僕らは悲しくて。

本当に、
本当に悔しくて。



「俺たちはなんか出来なかったのかな」
「なんで何もいわずに逝っちゃったのかな」
考えちゃいけない、考えても仕方ないことを考えてしまって。



好みの女の子のタイプを話した飲み屋。
真面目な話をした、帰りの電車。

そして、逝ってしまう前の週、
最後に会った雨の日の喫茶店。

彼にとってあのひと時は、
楽しいものだったのかな。

安らげるものだったのかな。

幸せを感じてくれていたのかな。


そんなことを、
告別式に行った共通の友人達と話しました。


間違いなく、今年一番呑みながら。
ベロベロになりながら。
泣いて笑って、ぐちゃぐちゃな顔で。


「告別式まで思う存分泣いて、
 終わったらしっかり気持ち切り替えよう」

って思ってましたけど、
やっぱそう簡単に切り替えられませんねw

無理に切り替えようとか、
立ち直ろうとかじゃなくて。


今はこの沸き起こった感情を、

彼の笑顔を
大事に大事に胸に抱えてゆっくり生きていこうと思います。

雑記いろいろ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://motidukiei.jugem.jp/trackback/107
この記事に対するトラックバック
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS