Lingua franca

駆け出しペーペー新人声優・望月 英の日々彼是。
Twitter:ei_mochiduki

※本ブログは望月 英個人のものです(´ω`)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お知らせ | main | 【出演のお知らせ】千客万来 vol.62 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
LinKAge〜凛国異聞〜
出演させて頂きました、

GAIA_crew第10回記念公演
「LinKAge〜凛国異聞〜」
お陰様で全日程、終演致しました。




…二週間前に……w


今更ですんません!!
時間を見つけて書いては消してを繰り返してたら…
いつの間にかこんなに…




本当に沢山のご来場、
そしてUST配信のご視聴ありがとうございます。




GAIA_crew主催のかっぺさんに物凄い啖呵を切って
約一年前に出演が決まり、
3カ月くらい前?に稽古が始まって、
先々週に終わった「LinKAge」。

終わってみたら本当に濃密な時間が、
怒涛の勢いで通り過ぎていった感覚です。


僕が演らせて頂きました「艮」、
ありがたいことになんだかんだでちょこちょこ出番も多く、
その分「その場の、空間に艮が存在する意味」について
かっぺさん、共演者の皆、
そして艮自身と対話の日々でございました。


殺陣も「外方者の中では最弱」とはいえ、
周りの方が凄すぎるので(凄かったっしょ!!?)
劇場に入ってからも殺陣の師匠である「秋水」役の
松尾美香さんと、刃を交えるアンサンブルチームの皆さんに付き合ってもらい、
作品のクオリティの足を引っ張らないように、
必死に食らいつく日々でもありました。







正直すげぇキツかった!!




でも、楽しかった!!!
本当に楽しかったんだ!!!!





色んな分野で活躍する人達が、
おんなじ方向を揃って目指して、
「少しでもいい作品になれ!!」
「少しでも観てくれる人に届け!!」
って持てる熱量をありったけ叩き付けて、

実際、少なくとも僕は、
「今まで生きてきて得たものの全てを、
この作品にブチ込んだ」実感を持ってて、


結果貰えた、
人生初のスタンディングオベーション。
そしてトリプルカーテンコール。


おざなりなものではなく、
「本当に楽しんで下さったんだ!」
と確信できる拍手を頂けた。


他の何にも代えがたい経験でした。




この作品に出れて良かった。
巽の兄貴が小菅さんで、
妹の千鶴がタカオさんで良かった。
ホントの兄妹になれたと思ってます。




外方者が、皆でよかった。
家族が沢山増えました。





出演者の皆さんが、
スタッフの皆さんが、
皆さんでいてくれて良かった。


そしてなにより、
このチーム「LinKAge」で作った物語で、
皆さんの胸に何かを残せたなら、
役者として、報われます。





自分が演じた「艮(うしとら)」。
外方者の中では弱く、
屈強な巽を「兄貴」と慕い、
文字通り、必死に生きてるヤツです。

ここから先のお話は脚本、かっぺさんの公式ではなく
「あくまで僕の脳内での艮」
なのですが、


艮は巽の兄貴のようなスーパーマンに憧れて、
修業をしてはいますが…

心の底では強さに対して、
そこまでの渇望は無かったんじゃないかな、
って思ってます。


ただ「外方衆」っていう家族と
楽しく笑っていられるのが幸せで、

たまたま生きていたのが「外方衆」だから
生きていくには強さが必要で、
家族と過ごして行けるだけの強さ
(=その辺の戦を何とか乗り切れる位の強さ)
があればいい、と根本では思ってて。

でも作中で初めて外方以外の人との関わりを意識して、
同じ立ち位置だと思っていた雪が成長していく様を見て、
裏切った薊と牙を目の前に何もできない自分に気づいて、
鉄と鷲が死んでいって、
虚士郎と対峙して、兄貴に
「お前ら守りながら戦える相手じゃねぇんだよ」
って言われて、

自分の非力さを悔やんで憎んで、
泣きそうな位自分を嫌いそうな中、

初めて「兄」と慕っている巽に
「兄弟」と呼んでもらえるんです。


「兄貴が俺を兄弟って言ってくれた。」
「千鶴ちゃんを外に送り届ける、
そのバトンを俺に託してくれたんだ。」
「俺が守るんだ。
兄貴に託された、
新しい俺たちの家族を。」

そんな決意と、
「兄弟」っていう絆の言葉が与えてくれた力を持って、
艮は文字通り、命がけで千鶴を外に送り届け、
兄貴からのバトンを果たしていきました。


本当に有難いことに、
あんなにカッコいい面々の中、
「艮格好良かった」
って沢山の方に言って頂けました。


あいつはただ、必死に生きてただけなんです。
ただ、置かれてる環境が「外方者」だから、
必死にもがいてあがいて、
自分の居場所にいただけで。

俺もこれからアイツみたいに、
必死に生きて、もがいてあがいて、
格好いいって言われるようになりたいな。


そしてこれからまた、LinKAgeみたいな、
そしてさらにLinKAgeよりもっともっと

「すげぇ!!」

っていって貰える作品の一欠けらになれたらいいな。

そう思いつつ。




改めまして!!


共演者の皆様!!
スタッフの皆様!!
関わった全ての皆様!!

そして劇場で、USTでご覧下さった皆様!!





本当に、ありがとうございました!!!




また、凛の国のどこかで会えたらいいな。








…あ、5/22、
アフターパーティに参加する方は、
そちらでお会いしましょうw
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2015/05/10 8:23 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2015/05/16 12:18 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://motidukiei.jugem.jp/trackback/258
この記事に対するトラックバック
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS